Lapse from Virtue

Eir Aoi

身体中に絡みつく
月明かりを背にして出来た暗闇に
積み上げた我楽多は
まるで違った表情を覗かせ始める

誰かにとっては未来
誰かにとっては過去
遍く時間を越え彼女は笑う

月の光が今宵も麗しいから
この身体を闇に浸し続けていた
傷ついた心に気付かぬ振りをして

愛と憎しみは裏表などではなく
闇夜に浮かぶ月を描いた画のように
この夜だけは終わることもない

魅せる様に我楽多が
ひとつひとつ姿を変えながら踊る
どれくらい観ていても
どれほど増えても
心は埋め尽くせない

孤独の果てには何が見えるのか
欲望の果てには何が見えるのか
誰の声も聞こえはしない
彼女の息づかいすらもう 二度とは

月の輝きが今宵も眩しすぎて
ここに在るのは彼女と私の影
差し込んだ光に照らされた その瞬間に oh oh

頬を伝って流れ落ちる一滴
過ぎし日の想い出を洗い流して
この夜が今終わりの刻を告げ



Preview :

To download music, please download extension below :
(choose your browser)

Chrome Firefox

You will get much benefit like full speed download

Donate